コエンザイムQ10の効果と正しい飲み方

コエンザイムQ10が「ビタミン様物質」と呼ばれるわけ

抗酸化作用によるアンチエイジングや、エネルギーを産生することによる疲労回復などの効果で最近注目されているコエンザイムQ10。そもそも、コエンザイムQ10とはどのような物質なのでしょうか。

コエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10はユビキノン、ユビデカレノンとも呼ばれ、細胞の中にあるミトコンドリアという器官に最も多く存在し、細胞内でのエネルギー産生に関わる酵素を助ける働きを持つ補酵素というものの一種です。また、抗酸化作用があり、加齢とともに減少してしまうということが知られています。

ビタミンとビタミン様物質

このコエンザイムQ10は「ビタミン様物質」と呼ばれる栄養素の一つです。ビタミンという言葉は皆さんもご存知かと思いますが、日本ビタミン学会では、ビタミンのことをこう定義しています。

正常な生理機能を営むために必要不可欠であるが,その必要量を体内で作れないので体外から取り入れなければならない有機化合物のうち,必要量が微量であるものの総称

要するに、ビタミンは体にとって必要な栄養素だけど、体の中では作れないもの、ということです。ちなみに、「ビタミン」という名前の由来は、「生命」を意味するvitalと、窒素を含んでいる化合物を意味するアミン化合物(amine)を合わせて名づけられました。

これに対し、ビタミン様物質とは、ビタミンの働きに似た作用を持つ物質で、ビタミンと同様に体に必要な栄養素なのですが、ビタミンと違う点は、体内で作ることができる物質であるということです。コエンザイムQ10はアセチルCoAという物質を原料として、実は途中までコレステロールと同じ経路で生合成されます。

コエンザイムQ10は肉や魚、穀物などに含まれ、私たちは日常的に食べ物から摂取しています。また体内でも、アミノ酸を原料として作られています。したがって、欠乏してしまうということはほとんどありませんが、加齢などの原因で食べ物からの吸収や体内での生合成が追い付かなくなり欠乏してしまった場合、心臓の機能に影響が出てくる可能性があります。

コエンザイムQ10は体にとって必要な栄養素ですが、ビタミンと違って体内で作ることができるので、ビタミン様物質と呼ばれるのです。サプリメントの人気ランキングhttp://xn--q10-qi4bta9dwa15axf.ws/ranking.htmlも参考にしてみましょう。