コエンザイムQ10の効果と正しい飲み方

コエンザイムQ10の抗酸化作用

抗酸化とは

私たちは呼吸をして酸素を体内に取り込んでいます。酸素はミトコンドリアと呼ばれる細胞内に存在する小器官でエネルギーを産生するときに消費されます。このとき、一部の酸素は活性酸素になってしまいます。活性酸素は反応性が高く、細胞を傷つけてしまいます。これは「細胞がサビつく」とも表現されます。この繰り返しにより、老化や様々な病気の原因であるといわれています(リンゴが酸素に触れると色が変わりますよね。あれと同じだと考えてもらっていいです)。また、活性酸素は年齢とともに発生しやすく、飲酒、たばこ、紫外線などでも発生することが分かっています。

抗酸化物質の効果

細胞を傷つけてしまう活性酸素を取り除き、老化防止(アンチエイジング)や生活習慣病の予防してくれるのが、「抗酸化物質」と呼ばれる物質です。抗酸化物質としてよく知られているものは、ビタミンCやE、βカロチンなどのカロテノイド、カテキンなどのポリフェノールと、コエンザイムQ10です。私たちはこれらの抗酸化物質を食品から摂取しています。

コエンザイムQ10の抗酸化物質としての働き

コエンザイムQ10は、ヒトが体の中で作ることができる唯一の抗酸化物質であると言われています。細胞の膜に含まれる脂質が活性酸素によって酸化されるのを防ぎます。同じ抗酸化物質であるビタミンEの抗酸化力を回復させる効果もあります。これらの働きによるコエンザイムQ10の効果について紹介します。

●老化防止

活性酸素による細胞の酸化を防ぐことでアンチエイジングにつながります。また、紫外線による活性酸素の増加による肌の老化も抑制してくれます。

●疲労軽減

運動をすることでも活性酸素は発生します。活性酸素は筋肉細胞を傷つけ、疲労してしまいます。ここでもコエンザイムQ10は抗酸化作用を発揮し、筋肉細胞を守ってくれます。

●活性酸素病の予防

活性酸素により引き起こされるとされる病気を活性酸素病と呼び、がん、動脈硬化、高血圧、糖尿病など、様々な病気が活性酸素と関係していると考えられています。コエンザイムQ10はこれらの病気を予防してくれます。

このように、コエンザイムQ10はエネルギー産生だけではなく、抗酸化物質として働き、私たちの体を守ってくれています。加齢とともに減少していくので、積極的に食品やサプリhttp://g-collection.web5.jp/select.htmlから補給し、アンチエイジングしていきましょう。