コエンザイムQ10の効果と正しい飲み方

コエンザイムQ10が発見されたのはいつ?

ユビキノンの発見

コエンザイムQ10(以下、CoQ10)は、1950年代の初期に、イギリスのモートンらによってその存在が明らかにされました。彼らは実験として特別な餌をラットに与え、ビタミンAが欠乏した状態にしました。すると、そのラットの肝臓をはじめとしたいろいろな組織から新しい物質が発見されました。彼らはこの物質を、体の色んな組織に広く分布することから、ラテン語の「ubiquitous(ユビキタス;普遍的に存在する)」という単語からユビキノンと名づけました。

コエンザイムQ10の発見

また、1957年にアメリカのクレーンらにより、牛の心筋にあるミトコンドリアと呼ばれる細胞器官から黄色の物質を単離しました。彼らはこの物質がミトコンドリアの電子伝達系(生命維持に関わる、生体内での反応系の一つ)において、エネルギーの産生に関わるアデノシン三リン酸(ATP)の産生に必要な酵素(enzyme)の働きを助ける補酵素(co-enzyme)として働く物質であることから、CoQ10と名づけました。

ユビキノン=コエンザイムQ10!?

その後、クレーンらにより、このCoQ10が、モートンらの発見したユビキノンと同一物質であることを突き止め、翌年の1958年には、アメリカのフォーカースらによりCoQ10の化学構造が決定されました。フォーカースらはその後も研究を続け、心臓病患者にCoQ10が不足していることや、CoQ10が抗酸化作用を持つことを見出しました。フォーカースはCoAQ10のことを「ビタミンQ」と呼んでいましたが、生体内で合成が可能であることから、ビタミン様物質と呼ばれるようになりました。

日本での研究

CoAQ10の研究は日本でも行われ、1967年には世界で初めてコエンザイムQ10の原料を量産することに成功しました。これは、CoQ10の生体内での機能や、医薬品としての効能効果・副作用など、実用化に向けた研究を進めるうえでとても重要なことでした。

アンチエイジングや疲労回復など、様々な効果が期待されるCoQ10ですが、発見されて以来なかなか量産化できず、研究を大きく進めることができていなかったところで、世界の先進国に先駆けて日本が量産化に成功したことは誇らしいことですね。これを機にCoQ10は医薬品・健康食品として世界に広まっていくことになったのです。